土地を売らずに持っている場合の経費や固定資産税について

土地を売らずに持っている場合の経費や固定資産税について

新しく引っ越すとなると土地も手放すという人が多いかと思いますが、もともと所有していた土地を売らずに新しく住居を購入した場合は、固定資産税や経費の計算が住宅を保有する際に加算してかかることになります。固定資産税は不動産関係の話をする際に必ずと言っていいほど出てくる単語になりますが、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村が課する税金のことを指します。経費はこの税金を含めた諸経費のことを指しており、ローンなんかもこの経費に含まれるものとして考えられています。固定資産税は前述したように住宅と土地を所有する際に毎年支払うものになっていますが、これはそれぞれ市町村が決めた税率というものによって価格が変化していきます。だから毎年1月1日に見直しが図られるものになるということなのです。では、二重の負担になってしまうということはやはり早めに使わない土地を手放したほうがいいのでしょうか。実際そう考えてしまう人も多いようなのですが、売却するにはある程度の手順を踏んでおかなければなりません。名義が自分のものでなかったら売却できませんし、名義変更した後にちゃんと自分の所有物になっているのかというのも重要な点です。こういったことは一人でやると後で何らかのトラブルに発展する可能性がありますので、可能であれば司法書士などの専門家に頼んで時間をかけてやるということが重要になってきます。自分でやってしまおうとするとかえって時間がかかってしまうというデメリットもあるので、専門家に任せてみるというのがいいでしょう。短期間で売却したり相続したりした人には相続税の負担軽減と所得税の負担を軽減する処置がとられています。これは短期間で売却や相続した人への特例措置だとされているのですが、その条件としては相続によってその財産を受けたものであるということ、その財産を相続したものに相続税の課税があったこと、相続を発生した翌日から、相続税の申告の期限の翌日の後3日以内に売却していることが挙げられます。以上の条件を相続税の取得費加算の特例といい、これによって譲渡税が軽減されるのですが特例を受けるためには確定申告で書類を用意する必要があります。特例を受けようと思っている人でも確定申告を申告しないと特例がうけられないことを知らなくて、損してしまう人がいます。なので特例を受けようと思っている人は特に注意してください。また、この税金において不動産取引では慣習的に日割り清算で精算金を計算しています。この計算方法はたとえ所得者が変わっても納付義務を変えないようにするためだそうです。よって固定資産税などには年の途中で納税義務者が変わるという考え方がなく精算金があっても売主が納付することになります。したがって、このような清算金などは買主が日割りで税負担するのではなく売買契約に基づく売買条件の一つに過ぎないと解釈されるのです。そのため清算金も譲渡収入に含めなければ正しく計算できないことになるのです。また諸経費において確定申告をしているかどうかというのが問題になってきます。その理由としては確定申告をしていることによって割引になる制度などがあったりしてそれを利用できるかもしれないからです。確定申告がこういったところで利用されるのはその申告をみて住民税と所得税をいつもどのくらい支払っているのかということを判断する材料になるからだといわれています。不動産取引では税金をいつもどのくらい支払えるのかというのは信頼問題に直結していて、資産を動かせる人だからそれ相応の物件を紹介できるなどの評価に繋がってくるのです。またどの家庭がどのくらい収入を得て支出をしたのかということを把握しておくのも市町村の仕事になります。支出が実際よりも少なくて納税額が増えても自己責任となってしまいますので領収書の保管には注意しましょう。こういった処理を自分でやるのは悪いことではありません。税理士に頼んだりするよりもお金がかからないし楽です。しかし土地を保有しながら新しい住居を持つとなると、さすがに自分では情報が処理しきれなくなる時があります。そうなってしまったときには税理士などの専門機関に一時的に処理を依頼するという方法をとるのもいいのではないでしょうか。また不動産売買においては所有権移転登記をしますが通常は買主がするものになります。売主がする場合もありますがそれは限られた場合のみになるのでよく調べてからやるといいでしょう。同じようなもので住所変更登記や抵当権抹消登記などもあります。これらは一つの不動産につき、1000円から2000円くらいかかるものです。不動産は売るにしても買うにしてもお金がかかるものということがいえるでしょう。よって手続きも面倒なのでちゃんと調べてからやらないといけません。もしよかったら、上記の内容を是非参考にしてみてください。